教わったこと、気づいたこと

教わったこと、気づいたこと

目的と目標の違い

【目的と目標の違い】 目的は、「成し遂げようとして、実現を目指す事柄。今取り組んでいることが、 何のために取り組んでいるのか?取り組む為の理由」です。 目標は、「目的を達成するための目印、達成すべき事。目的を達成するため […]

教わったこと、気づいたこと

「2・6・2の法則」

「2・6・2の法則」とは 人間が集団を構成すると、『優秀な人が2割、普通の人が6割、パッとしない人が2割』 という構成になりやすいという法則。   例えば、集団で何らかの活動をすると、2割の人が、率先してリーダーシップを […]

教わったこと、気づいたこと

戦略について

古代ギリシアにおける意思決定は市民集会であった。20歳から60歳の人を集めて市民集会をするのだが、そのうちに人が集まりすぎて話がまとまらないということが分かってきて、その町ごとで代表を出すようにした。その代表が100人委 […]

教わったこと、気づいたこと

SMIの教え

『モティベーとせよ、操るな!』という言葉がある。   まず、自ら仕事を覚え、達人となって、背中で導く事。

教わったこと、気づいたこと

天津罪 国津罪

大祓詞 大祓いの祝詞に、犯してはいけない罪が書かれている。 1つが「天津罪」 もう一つが「国津罪」 「天津罪」とは、 この世にあるもの全て森羅万象 本来持っている性能を生かし切れない      ことが天津罪という罪。 「 […]

教わったこと、気づいたこと

人を育てる基本

教育は「贈与」です。 根本的な間違いは、効果を求めて教育をしようとするところです。 親が子供を育てるのは「贈与」です。見返りを求めたら親は子を 育てられない。

教わったこと、気づいたこと

終わりなき改善への精神

終わりなき改善の精神とは: 「人間生きている以上、昨日と同じことしかできない事を恥ずかしいと思う文化」  人間1日でも長く生きていたら、  1日だけいろんなことができるようになっていなければ、  恥ずかしいと思えという文 […]

教わったこと、気づいたこと

「お経」「祝詞」

「お経」とか「祝詞」とかは、 あるべきことをちゃんと述べること あるべきことをきちんと述べると、 無意識にうちに体の中にある合わないものが逃げていく。 病治しの祈祷というのは、病を退散させようとするのではなく、 あなたは […]

教わったこと、気づいたこと

「初心 忘るべからず」

これは、世阿弥の初めての著作『風姿花伝』の中の有名な言葉である. 初心とは、「段階ごとに経験する未熟さ」のことであり、 未熟な時代の失敗やその時の屈辱感を忘れないように常に自らを戒めれば、 上手くなりたいと思う向上心をも […]